豆腐の賞味期限はどのくらい?期限切れから3日や5日経っても大丈夫?

豆腐の賞味期限は? 生活

みなさんは、食べ物や飲み物の賞味期限はどれくらい気にしていますか?

賞味期限が切れてから2.3日経ってもまったく気にしない人もいれば、開封していなくても期限までに消費できなかったらスパッと処分する人もいます。

もともと発酵している食品だったり、カビが生えていることが売りの食べ物だってありますよね。

キムチやチーズ、納豆とか。

じゃあ豆腐ってどうなんでしょうか?

煮ても焼いてもそのままでも美味しい豆腐ですが、期限切れを食べても大丈夫なのか、賞味期限はどれくらいなのかさまざまな事を調べてみました!

豆腐の賞味期限はどれぐらいなの?

 

そもそも、豆腐は賞味期限が短く設定されている食べ物です。

買ったはいいものの、気づいたときには冷蔵庫の中で期限切れになっていたなんてことも意外とありますよね。

豆腐もたくさんの種類が食品メーカーや個人商店から販売されているので、一括りには言えませんが目安として5日から10日を目途に消費するようにしましょう。

せっかく買ったのに捨てるハメになるのはもったいないですからね。

そして、こまめに冷蔵庫の中身をチェックするのも賞味期限切れを見逃さないポイントのひとつといえます。

豆腐だけでなく、肉類や野菜も無駄にすることなく食べられます。

 

豆腐の賞味期限切れから3日や5日経っても大丈夫?

 

賞味期限から3日~5日経過した豆腐は食べられるのでしょうか?

せいぜい2日過ぎたくらいなら、まあいっか!とあまり深く考えず食べてしまう人も多いようですが3日~5日はちょっと勇気がいりますよね。

見た目で判断する場合は、未開封の状態で豆腐の水が黄色になっていない、ツンとするようなにおいがしなければ食べても大丈夫と言われています。

ですが、これはあくまで自己責任で判断してください。

もちろん、開封した食べかけの豆腐が期限切れになっていた場合は食べるのはやめておくべきです。

また、未開封であっても美味しく食べられる期間を過ぎているので、もし食べるのであれば生のままより加熱調理したものをおすすめします。

 

豆腐の賞味期限切れから1週間では?

 

まず、開封したものを再度冷蔵庫で保存してから1週間経った豆腐です。

これは絶対に食べるのをやめましょう。

見た目やにおいが問題なさそうと思っても、あとからお腹を壊したら大変です!

豆腐が腐っているサインとして、酸っぱいにおいがするということ。

そして、においに気付かなかったとしても食べるとこれまた酸っぱい味がするようです。

豆腐は安いので手軽に買えてしまう食材の一つですが、買ったからには忘れずに消費するようにしましょう!

じゃあ開封していない豆腐で賞味期限から1週間経ってしまったものはどうでしょうか?

スーパーなどで一般的に販売されている豆腐は、パックの中で水に浸っているものがほとんどです。

・賞味期限が約5日ほどの豆腐 ⇒ パック内で水に浸された豆腐が多い。熱殺菌などの処理がされていないので賞味期限は短め。

・賞味期限が約1週間~10日ほどの豆腐 ⇒ 熱処理されているため賞味期限が長めで、浸っている水の色も黄色味がかっているものが多い。

同じ豆腐でも、熱処理されているものとされていないものがあるんです、意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

期限切れから1週間の豆腐を食べるのはおすすめできません。

どうしても食べたい方は自己責任の上、しっかり熱を通した方がよいでしょう。

 

豆腐の賞味期限切れ未開封なら大丈夫?

 

いくら開封していなくても、賞味期限が切れてから1週間以上経過しているものは処分した方がいいでしょう。

もったいない気もしますが、体調を崩して苦しい思いをするくらいなら廃棄したほうがよっぽど安全です。

どうしても食べたい場合は、自己責任で加熱処理をしっかりすることをおすすめします。

一番のおすすめは食べないことですが…

食材を無駄なく美味しく食べるためにも、計画的に買い物をして冷蔵庫チェックをこまめにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました