産後にガードルを使った効果は?使用時期やおすすめブランドを紹介

産後にガードルを使った効果とは! 美容・健康

 

出産後の体形ってとても気になりますよね。

特に骨盤は出産の影響を一番に受けやすい部分で、産後の悩みで最も多いのです。

開いてしまった骨盤には、ガードルや骨盤矯正スパッツなどが効果的と言われていますが出産後すぐに使用してもいいのか気になりますよね。

今回は、産後ガードルの使用時期や効果、おすすめのブランドを調べたので紹介していきます。

 

産後ガードルっていつから使う?

 

産後ガードルの効果を得られやすい使用時期の目安は、産後一か月~半年です。

産後約一か月くらいの悪露が終わる頃を目安に使用し始めるのが良いとされています。

骨盤の開きや産後の体形崩れを気にするあまり、すぐに身につけ始めようと考える人もいると思いますが、それは絶対にやめてください。

産後の母体は非常にデリケートで不安定です。

使う時期が早すぎると、産後の不安定な内臓を圧迫してしまい逆効果になるおそれもあります。

体形が気になる気持ちもわかりますが、まずは身体をしっかり休めて落ち着いてから使用するようにしましょう。

個人差はありますが、産後一か月を目安にして始めてみてください。

また、出産から約半年くらいで骨盤が安定すると言われています。

使用をやめる時期に決まりはないので、自分のタイミングで着用時期を決めて使用してみてください。

使用中に体に違和感や圧迫感があれば、無理をせず使用を中止するようにしてください。

 

産後ガードルブランド!ワコール、ピジョンなどその効果をまとめ

 

産後ガードルも下着メーカーやブランドからたくさん販売されていますね。

どれが良いのか悩んで決められない人も多いと思います。

そもそも、産後用のガードルにはどんな効果があるのでしょうか?

 

主な効果はこちら

開いて緩んだ骨盤の回復をサポート

太ももやお腹まわりなど気になる部分をカバー

 

これをみても、産後の体形でいちばん気にしているのはお腹から下の下半身です。

ワコールの産後ガードルは、三段階調節ができるロング丈が人気。

お腹まわりもしっかり引き締めて、ヒップアップもしてくれる骨盤サポートガードルです。

ビグッドは手頃な値段でありながら、しっかりサポートしてくれる骨盤ガードルとして人気です。

 

ガードルは寝る時もつけるもの?

 

人の体は寝るときに締め付けられている状態は身体によくないと言われています。

産後ガードルの就寝時の使用はやめましょう。

産後ガードルに限らず、ブラジャーなどの締め付ける下着も良くありません。

もしつけるのであれば、ナイトブラなど就寝時専用を使用することをおすすめします。

 

帝王切開しても産後ガードルは使えるの?

 

帝王切開で出産したママも産後ガードルを使いたいですよね。

だけど使っていいのか心配な部分もあると思います。

帝王切開で出産した場合は、腹部の傷が治った産後2~3か月位から使用すると良いでしょう。

個人差もあるので、しっかり見極めてから使用してください。

産後ガードルにもロング丈やミディアム丈などさまざまあります。

傷の部分に触れない長さのものを選んでください。

少しでも痛みや違和感があれば無理をせず使用を中止するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました