てるてる坊主の作り方!ビニール?フェルト?いろいろな素材で挑戦!

てるてる坊主の作り方 生活

『明日は絶対に晴れてほしい!』そんな思いから、てるてる坊主を作ってお願いしたこと誰でも一度はありますよね。

梅雨の時期や学校行事の運動会、家族でのお出かけなど、そんな日はどうしても晴れてほしいです。

シトシト降る雨も時には良いですが、やっぱりお天気最高なことが一番!

作る人によって、いろんな表情になるてるてる坊主ですが、今回はちょっと変わったてるてる坊主の作り方をご紹介していきたいと思います!

てるてる坊主の作り方 ビニール

 

てるてる坊主=ティッシュペーパーのイメージが強い私ですが、アイディア次第でどんなものでもてるてる坊主に出来ちゃいます!

ビニール袋でもてるてる坊主は作れるのでその作り方をご紹介していきます♪

《準備するもの》

 

・はさみ

・ビニール袋

・輪ゴム

・ひも

・折り紙や和紙

 

お好みでデコレーション用にリボンやモール、シール、ボタンなどあってもOKです。

 

《作り方》

 

作り方はシンプルでとってもカンタン!

①折り紙や和紙をクシャクシャに丸めます。

②丸めた紙をビニール袋の中に入れちゃいます。

③紙の部分が顔になるので、その下を輪ゴムで結びます。

④顔になる部分に目や口を描いていきます。

⑤輪ゴムから下のビニール部分を好きな長さにカットしてください。

 

この時、ジグザクに切ってヒラヒラさせてみたり好きなようにアレンジしてみてくださいね。

シールやリボン、モールなどで可愛くデコったらビニールてるてる坊主の完成です!

小さい子でも簡単に作れるので、雨の日で出かけられない時の遊びとして是非試してみてください♪

 

てるてる坊主の作り方 フェルト

 

続いて、フェルト素材でのてるてる坊主の作り方をご紹介していきます。

フェルト独特のあたたかみが出て、とても可愛らしい雰囲気になりますよ♪

《準備するもの》

 

・フェルト生地

・綿

・はさみ

・輪ゴム

・ひも

・装飾用のパーツなど

 

《作り方》

 

①フェルト生地を作りたい大きさのてるてる坊主に合わせてカットします。
(正確じゃなくてOKです。だいたいこれくらいかな?くらいで切ってみてください)

②顔になる部分に綿を詰めていきます。

③綿を詰めたら、首になる部分にリボンなどを巻いて綿をしっかり固定します。

④顔を作っていきます。目や口もフェルト素材で統一するも良し、ビーズなどのパーツを使うも良しです。
好きな顔を作ってみてください。

てるてる坊主の作り方 新聞紙

 

てるてる坊主作りの中でも一番カンタンなのが新聞紙のてるてる坊主です!

古新聞を利用するので、たくさん作ることが出来て、なによりお金がかからないので経済的♪

そしてそして!

新聞紙は湿気を吸う効果もあるので、梅雨時期の晴れ間をお願いすると同時にイヤ~なジメジメも解消してくれるのです!

一石二鳥の新聞紙てるてる坊主をさっそく作ってみましょう。

 

《準備するもの》

 

・新聞紙

・輪ゴム

・折り紙や毛糸などの装飾用パーツ

・ペン

 

《作り方》

 

作り方はあっという間!

新聞紙をびりびりと破ってグシャグシャにしたら、丸めて形を整えるだけ!

とってもカンタンで、小さい子でもすぐに出来ちゃいます!。

ペンで好きな表情に仕上げて、折り紙や毛糸をペタペタ貼ったりくっつけたり♪

可愛くアレンジしたら、エコで簡単な湿気取りにもなるてるてる坊主の完成です☆

 

羊毛フェルトで?てるてる坊主の作り方

 

羊毛フェルトは、羊毛フェルト専用の針を使って好きな形をつくっていく手芸です。

針のことをニードルといい、そのニードルを使って羊毛フェルトを刺して作品をつくる手順です。

ハンドメイドが好きな人たちの間でも人気で、最近ではテレビや雑誌でも取り上げられています。

人気100円ショップのダイソーでも羊毛フェルトキットが販売されているので気軽に始められるきっかけにもなっています。

では、羊毛フェルトで作るてるてる坊主をさっそくご紹介していきますね!

 

《準備するもの》

 

・羊毛フェルト

・ニードル

・マット

・飾りパーツ

 

《作り方》

 

①好きな色の羊毛フェルトをほぐし、軽く丸めてニードルを刺し形を丸く整えていきます。

②体の部分になる羊毛フェルトをちぎり、平らになるように刺していきます。

③目や口になるパーツを取り付け、リボンやテープで飾れば出来上がり!

アイディア次第でどんなものでも作れるてるてる坊主は楽しいですよね。

暇つぶしにもなり、願掛けにもなるので梅雨時期で出かけられない日などに是非作ってみてください☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました