指しゃぶりで傷が!大人になってから歯並びに影響も?

指しゃぶり 子育て

我が家の三兄弟の中で次男だけがよく指しゃぶりをしていました。

三人の中で一人だけ・・・

特に利き手の親指限定で吸うものだから、吸いダコを通り越して傷になっていました。

どうしてこの子だけ指しゃぶりが始まったのか?

いつから、やめさせるにはどうしたら?

いろいろ考え、試してみました。

指しゃぶりっていつから始まるの?

 

我が家の次男の場合はいつから始まったのか?

それは驚くべきことに、次男は私のお腹の中にいる時から吸っていたんですΣ(゚Д゚)

3Dでしたか、当時はお腹の赤ちゃんの様子や顔まで見られる!

と、健診の日を毎回楽しみにしていたものです。

がしかし、この次男だけはいつも顔がよく見えない状態で映っていて。

先生にもよく確認してもらったところ、指を吸っている状態だと。

いつも顔の前に手があって、だから顔の様子がよくわからない、ということでした。

もちろん誰にも教わっていません。

てか指しゃぶりなんて生まれてから教えるものでもないですが・・・

 

この時は、この子もお腹の中でしっかり生きているんだ!って、感激したものです。

赤ちゃんが生まれて初めて覚える生きる手段。

それがこの「吸う力」であるなら、

生まれる前から本能としてその能力が備わっているということか!

すごい!神秘的ですね *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

だけど、これが後からこんな大変なことになるとは((+_+))

この時は知る由もありませんでした。

 

1歳児の指しゃぶりをやめさせたい!

 

生まれる前から指しゃぶりをしていた次男なので、

生後間もなく、気付いたらやはりもう吸っていました。

お腹の中の指しゃぶりは本当だったんだと、少し感心笑

 

この子はおとなしい子で、必要最低限しか泣かなくて、

でも寝ているわけでもなく・・・そう、ひたすら指しゃぶり。

赤ちゃんの時はかわいく思えましたが、1歳になる頃も変わらず吸い続けていました。

むしろひどくなっていく一方でした。

テレビを見ながらでも指しゃぶりは欠かしません。

 

1歳頃になると周りのものを触りたくって散らかしたりでそちらの方が大変になるところ、

次男も他に興味は示すものの、触るのは何でも何でも片手(◎_◎;)

右手の親指は常にお口の中にIN!

 

この子は歩き始めが遅くて、1歳半頃からでしたが、

歩くようになってからも指しゃぶりしながらなので、危ない。

ただでさえコケやすいのに、とっさに手をつくことなんてできません。

そしてこの子は言葉どころか、喃語も少なくて。

それも指しゃぶりが原因なのではと思うようになりました。

そして更に、この先大丈夫かと・・そう感じたまた一つのきっかけがありました。

 

指しゃぶりで歯並びに影響が・・・大人になると?

 

あるネット情報から、指吸いを続けていると出っ歯になると知り、

心配になって次男の口を見てみました。すると・・・

上あごが三角形のような、アーチ型に!口の中の形が若干変わっていました。

全力で指を吸っているのでしょう。

恐らく親指は口の中の上あごにピッタリくっついている状態で固定されている。

更にさらに吸うものだから、

吸着力で上の歯茎部分全体が押し出されるようになっているんですね・・

がーん( ̄◇ ̄;)

本当にこのままだとこの子は出っ歯になってしまうでのでは・・

そんなわけで、これはもうさすがに指しゃぶりをやめさせたい!

との思いでいろいろ試してみることにしました。

 

指しゃぶりには歯固め?対処法いろいろ

 

無理矢理指を外してみる

最初は、指しゃぶりしているのを見つけたらとにかく、

ひたすら無理矢理口から指を外そうとしました。

でも口から指を外すのもそのほんの一瞬だけ。口から出した反動でまた口へ・・・

歯が生えかけていた時はふいに外すと切っちゃうとか、危ない(-_-;)

指吸い防止クリーム?

市販でそんなものも売っていました。

吸ってしまう指に付けるらしいのですが、かなりマズイのだそう。

もちろん体には影響ないものだと思いますが、

さすがにこれは・・そこまではできませんでした。

似た感じで、輪ゴム?指サックみたいな?ものをつけるのも聞いたことありますが、

違和感半端ない(-_-;)

そんなもんさっさと取ってしまうので試してもいません。

歯固め

うちにあったのは、噛んでも問題ないおもちゃと、歯みがきの練習にもなる輪っか状の歯固め。

どちらも与えてみて、興味はもって何度か口には入れるものの、代わりにはなりませんでした。

てか指しゃぶりの代わりに歯固めをずっと口に入れるのも決していいことではない(´;ω;`)

確かに歯の生え始めの時期は、特に激しかったような気がします。

親指どころかグーで手を丸ごと入れている時も。

これは単純にかゆかったのかも(;^ω^)

一人遊びをさせない

いつもいつもは無理ですが、こちらが何か話しかけたり、遊び相手になって一緒に過ごしていると、

言葉はまだ話せない次男でしたが、私に反応して何か話そうとするのか、

その時は自分から少し指を外してくれました(*^^*)

おもちゃなど渡してあげたり、ちょうだい!ってしてみたり。

これは単純に次男も嬉しいし、喜んでくれて。

ただいつも、ずーっとはこちらが疲れちゃいます・・

 

最後に

 

結局、次男の指しゃぶりが完全になくなったのは、幼稚園に行き始めた三歳頃でした。

気になるその後の口の中・・上あごの形ですが、

その当時もよく見たらちょっと?というぐらいで、

更に大きくなった今となってはアーチ形の口なんてわかりません。

出っ歯ではありません!(^^)!

 

次男は本当に手がかからない、逆に心配になるほどおとなしい子でした。

親である私的には、育てやすいとばかり当時は思っていましたが、もしかしたら、

あまりかまってあげてなくて、寂しいのを指しゃぶりをして紛らわせていたのかなぁ・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました